LECTURER

代表

小林 政高 / Kobayashi Masataka

東京都出身。
大学卒業後、大手旅行代理店に勤務しながら和太鼓を学ぶ。
1994年10月、和太鼓専門の道場を設立しプロ活動を開始。
更に各地の芸能を学びながらも独自の音楽性を具現化するプロ集団「梵天」を2001年にスタート。
その彩り豊かで自由な舞台表現は、民俗芸能の発展型グループが主流の太鼓界では、異色な存在として各方面より注目され、POPS、クラシック、レゲエ、民族音楽、ダンス、演劇等ジャンルを越えたセッションを積極的に行っている。
浜崎あゆみのレコーディングやライブへの参加、ジャマイカ公演ではレゲエ界の巨匠、スライ&ロビーとの共演、愛知万博では山本寛斉プロデュースのオープニングイベントテーマ曲にも参加するなど、その活動の幅は更に広がっている。

誰でも思い切り太鼓を打って楽しめる太鼓教室「未来太鼓道場」には特に力を注ぎ、子供から大人まで全身を使って楽しく太鼓を打つ練習内容が特徴です。教員のための講習会も毎年行っており、毎回キャンセル待ちが出るほど好評です。

担当東京道場(特練・中級)、多摩道場(特練)、町田道場(特練)、横浜道場(初中級)、担ぎ桶(初級・中級)・スタッフコース

講師

小林 桃 / Kobayashi Momo

東京都出身。
父と共に、4歳から太鼓を打ち、15歳でプロデビュー。「梵天」の中心メンバーとして数々の舞台を経験。しなやかでパワフル。その技術と表現力は、舞台でも圧倒的な存在感を放つ。
初心者から上級者まで丁寧な指導には定評があり、豊富な舞台経験を惜しみなく伝授している。

担当東京道場(初級・初中級・中級)、多摩道場(初中級・中級)、千葉道場(初級)、町田道場2,4週(初中級・中級)、横浜道場(中級)、大太鼓(初級・中級)、シニア(月曜入門・初級、火曜初級・初中級)、太鼓塾(火曜 初中級)

岩﨑 美帆 / Iwasaki Miho

神奈川県出身。
14歳から地元秦野市の太鼓チームで活躍し、2009年未来太鼓道場に入会。
梵天の練習生を経て、2012年にレギュラーメンバーとなる。ダイナミックな演奏スタイルで観客を圧倒している。

担当多摩道場(月曜初級・水曜中級)、横浜道場(初級)、太鼓塾(水曜初級、日曜初級・初中級・中級)

若山 麻友子 / Wakayama Mayuko

担当多摩道場(土曜初級・初中級)、町田道場(1.3週初級・初中級)、キッズ(水曜・日曜)、シニア(大太鼓)

佐々木 美穂 / Sasaki Miho

担当東京道場(初級)、町田道場2,4週(初級)、多摩道場(金曜初級)、シニア(入門)

サポートスタッフ

関 美弥子 / Seki Miyako

担当東京道場(初級・初中級・中級)、千葉道場

池田 真佑良 / Ikeda Mayura

担当多摩道場(土曜初級・初中級・キッズ・ジュニア初中級、中級)、横浜道場(初中級・中級)

今野 育代 / Konno Ikuyo

担当町田道場(1・3週初級・初中級)

仲林 利恵 / Nakabayashi Rie

篠笛奏者。
幼少の頃より母・仲林光子から、篠笛(みさと笛)と箏の手ほどきを受ける。
篠笛と能管を鳳声晴由、箏を小笠原節、江戸神楽を駒崎豊次、神田囃子を小林一奏、矢作伸二にそれぞれ師事。1995年NHK邦楽技能者育成会40期卒業。
日本の伝統音楽はもちろんのこと、西洋楽器、インド楽器など、様々な分野の演奏家と共演し、積極的にコンサート活動を行っている。
また、祖母である故・鈴木いね子が創立した「箏曲七声楽院」の3代目として2代目と共に活動している。
梵天結成時より参加し、これまでに国内外ほぼすべての公演に出演している。

担当篠笛教室(完全個人レッスン)

伊藤 ケイスケ / Ito Keisuke

1988年生まれ、三重県鈴鹿市出身。中央大学法学部卒。
津軽三味線奏者。
楽器未経験ながら大学時代に三味線を始め1年で数々の全国大会入賞。更に1年後、AUN Jクラシックオーケストラのサポートメンバーとして海外公演・全国ツアーに参加。
フランス「JAPAN EXPO」、中国「桂由美アジアブライダルサミット」のほかロシア、スペイン、モンゴル、インドネシア、台湾、ベトナムで公演。舞台「NARUTO-ナルト-」、「あんさんぶるスターズ!」ユニットソング CD vol.4、紅月(オリコンウイークリー8位)等のレコーディング参加。Alpha Management所属モデル。鈴鹿と・き・め・きドリーム大使。

担当篠笛教室(完全個人レッスン)